スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクションシーン考

さて次回コミティアまで1か月を切りました。

参加当選の通知もいただき、あとは原稿あげて本にするだけです。

…だけ…です。

…さて(←このパターン何度目だ)、
今回は少しアクションシーンについて考えてみたいと思います。

漫画でアクションシーンといってもさなざまです。例えば、これ。

k-tobi

攻撃側が画面手前に誇張パースで腕(もしくは武器)をつきだし、
なぜか受け手は攻撃で加わった力とはあらぬ方向へ…
ええいもどかしい、いわゆる「車田飛び」ですね(はあと)!

見た目はハデですが「殺陣」としては説得力に欠ける気もします。
いまではギャグネタにもなりつつある向きもありますが、
もとをただせば歌舞伎の「見栄」にも通じる表現です。

まあなんだかんだでこのアクション表現はネタでもなく
ぼくの「素」だったりするのですが、
たまには違ったアクションも描きたい。

殴りかかる相手の腕を躱し!

sitae01



腕を巻き取り!

sitae02



極める!!

いぶし銀、木戸修の脇固めのようなムーブメント!(←なにいってるのキミは)
や、脇固めっつーかむしろストラングルホールd(だからなにを)
…関節技って描くのムズかしいなあ。

ちなみに漫画の格闘シーンで衝撃をうけたのは、「コータローまかり通る!」の「柔道編」です。
…意外でしたか?でもアレを見るまで漫画で「投げ技」を
「痛そうに」描けるなんて思ってもみなかったのですよ。

漫画の「カッコいい」アクション表現は打撃(もしくは斬撃)に尽きると思っていた
ぼくの固いアタマがひっくりかえった瞬間でもありました。

では1か月後の、まだまだ 
 
1 か 月 も 先 の

コミティア、スペース P24a「鋼侠楽団」 でお会いしましょう!

sitae03

sitae04


なみいるてきを、やっつけ、やっつけ…
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【アクションシーン考】

さて次回コミティアまで1か月を切りました。参加当選の通知もいただき、あとは原稿あげて本にするだけです

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

僧侶2012

Author:僧侶2012
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。